空旅.comなら ANA航空券を最安値検索でき、簡単に予約できます! 全券種値下げ!最大 83%OFF

国内格安航空券最安値検索

ANA人気ランキングANA人気ランキング

ANAは、55日前までの予約可能な「旅割55」、45日前までの予約可能な「旅割45」、28日前までの予約可能な「旅割28」というお得な航空券を取り扱っております。それに加えて、「特割A・B・C」という3日前(一部の路線は3日前)まで購入可能な航空券も取り扱っております。

こちらの14社の横断検索が可能です。

  • スカイマーク
  • JAL予約
  • ピーチ
  • フジドリームエアラインズ
  • エアドゥ
  • IBEXエアラインズ
  • ジェットスター
  • Oriental Air Bridge
  • バニラエア
  • 天草エアライン AMX
  • 春秋航空
  • スターフライヤー
  • ソラシドエア

ANAの感想・口コミANAの感想・口コミ

利用者からの感想・口コミ

以下の情報を十分にご入力ください。
年齢, 往復, 復路, 目的, レビュータイトル, レビュータイトル
年齢
ご利用の路線往復
復路
目的
レビュータイトルレビュータイトル
  • 悪い 普通 良い
    総合評価
  • 悪い 普通 良い
    サービス
  • 悪い 普通 良い
    価格
  • 悪い 普通 良い
    快適さ
レビュータイトルレビュータイトル
レビュー (15)
Avatar
2017/9/7
22歳/女性
ご利用路線羽田→中部国際
目的旅行

圧倒的サービス

友人との旅行で利用させていただきました。最近はLCCを使用することが多かったので、久しぶりのANAは快適の一言でした。充実した機内サービスや接客のプロフェッショナルによる安心のCAさん。丁寧すぎるくらいに感じられる低姿勢と凛とした姿は、見ていて気持ちが良かったです。日本を代表する航空会社はさすがです。日本全国どの区間でも運行しているため、どこに行くにもこのサービスが利用できるのはとても素晴らしいですね。これからは、移動も心地よく過ごすことができるANAを利用していきたいです。おすすめです。
  • 悪い 普通 良い
  • 総合評価
    Ranking
  • サービス
    Ranking
  • 価格
    Ranking
  • 快適さ
    Ranking
Avatar
2017/9/5
35歳/女性
ご利用路線羽田→函館
目的旅行

ジュニアパイロット

6歳の息子の挑戦ということで、私の実家に初めての一人旅です。家族も本人も不安でいっぱいでしたが、ジュニアパイロット制度のあるANAさんなら安心かなと思い、利用させていただきました。ホームページの注意事項も子供に分かりやすいように書いてくださり、ホスピタリティを感じました。見送りも搭乗口まででき、出発してから帰るということで、少し寂しくなりつつも安心でした。当の本人は綺麗なお姉さんに手を引かれて嬉しそうでした。ANAから出発メールと到着メールが見送る人とお迎えの人に届くのもありがたいです。息子もまた一人で乗りたいと言っていました。
  • 悪い 普通 良い
  • 総合評価
    Ranking
  • サービス
    Ranking
  • 価格
    Ranking
  • 快適さ
    Ranking
Avatar
2017/9/3
60歳/女性
ご利用路線札幌→沖縄
目的旅行

CAさんのホスピタリティはさすがです

北海道から沖縄までの唯一の航空会社であったためANAを利用しました。長時間移動のため、途中でトイレ前スペースでストレッチをしていると、CAさんが話しかけてくれました。娘の同級生もANAのフライトアテンダントとして働いていることをお伝えすると、なんとその方は同期とのこと!思わぬ偶然に話が弾みました。とても楽しい時間を過ごしたのですが、その方は私が飛行機を降りるときにわざわざお手紙をくださいました。毎日多くのお客さんへサービスしている中でも、一人ひとりのお客さんとの出会いを大切にしている様子が伝わりました。
  • 悪い 普通 良い
  • 総合評価
    Ranking
  • サービス
    Ranking
  • 価格
    Ranking
  • 快適さ
    Ranking

ANA の国内線の価格/サービスのご案内

ANAの国内線を、なるべく安く購入するには?

ANAには『旅割』と呼ばれる、お得な運賃があります。旅割には予約する日にちによってさまざまな種類があり、例えば『旅割X』は、発売期間が限定されている種類の運賃ですが、特定の路線が普通運賃から80パーセント近くも安くなることもあります。また『旅割75』は、搭乗希望日の75日前までであれば予約ができる運賃で、『特割X』同様に普通運賃から最大で80パーセントお得になることが魅力です。ほかにも搭乗日の45日前までに予約ができる『旅割45』や、28日前まで予約が可能な『旅割28』、21日前まで予約が可能な『旅割21』もあります。旅行などの計画を早めに行うことが、航空券をお得に利用するためのコツといえるでしょう。もし、急に飛行機を利用することが決まった場合でも、ANAには『特割』という運賃もあります。特割も普通運賃に比べてお得な値段で利用できることが魅力で、搭乗日の3日前までに予約ができる『特割3』と、前日まで予約ができる『特割1』の2つのタイプに分かれています。ただし、『旅割』も『特割』も予約の変更ができない、取り消した場合には手数料がかかる、などの条件があるため、これらを前提として予約購入を行いましょう。

ANAの国内線の特典のサービスとは

ANAには『ANAマイレージクラブ』という会員制度があり、飛行機に搭乗したり、提携店などで買い物をしたりすると、マイルが貯まるようになっています。運賃の種類によって貯まるマイル数は異なり、普通運賃などの予約変更可能な運賃であれば『区間マイル』と呼ばれる路線ごとに決められたマイル数がそのまま付与されますが、割引運賃などを利用した場合は区間マイルの75パーセントや50パーセントほどのマイルしか付与されません。普通席よりワンランク上のサービスが受けられる『プレミアムシート』に搭乗すると、より多くのマイルが付与されるといった、嬉しいサービスもあります。貯まったマイルは、飛行機に無料で搭乗できる『特典航空券』や、ANAのショッピングサイトで利用できる『ANAショッピングポイント』など、さまざまな特典との交換が可能です。特典航空券を利用する場合、必要マイル数は搭乗するシーズンや利用する路線によって異なり、シーズンには交換マイル数が少ない『ローシーズン』と、交換マイル数が多い『ハイシーズン』、通常通りの交換マイル数で搭乗できる『レギュラーシーズン』の3種類があります。例として、レギュラーシーズンの東京から福岡の往復であれば15,000マイルで、片道であればその半分の7,500マイルで搭乗が可能です。特典航空券の予約は搭乗日の2カ月前の午前9時半から、搭乗日の前日から数えて4日前まで受け付けてくれます。変更も予約している便の出発前で、新しい搭乗日の4日前までであれば可能です。予約を取り消し、特典航空券を払い戻す、このような場合は3,000マイルが手数料となり、その際は有効期限が切れているマイルの払い戻しはできないようになっています。

ANA 国内線 格安航空券のご予約について

当日空港のチェックイン~搭乗までの流れ

ANAに搭乗する際、証明書の提示などが必要といった場合にはカウンターに立ち寄る必要がありますし、運賃によってはチェックインカウンターや自動チェックイン機でしか搭乗手続きが受け付けられないものもありますが、『特割』や『旅割』などの運賃であれば、特別な手続きがない限り『スキップサービス』を利用することが可能です。スキップサービスとは、カウンターや自動チェックイン機に立ち寄らず、直接保安検査場に行くことができるサービスのことで、搭乗手続きをよりスムーズにしてくれます。サービスを利用するためには、IC機能付きの会員カードや、2次元バーコードを取得したスマートフォンやiPhone、2次元バーコードが印刷されたお客様控えなどが必要で、バーコードの取得や印刷は購入や予約確認の画面などから行うことができます。手続き方法は保安検査場に設置されている端末にバーコードをかざすだけで、保安検査場を出発の15分前までに通過し、出発の10分前までには搭乗口に行かなければなりません。ただし、機内に持ち込めない手荷物などがある場合には手荷物カウンターに立ち寄る必要があるため、少し時間に余裕をもって行動する必要があるでしょう。主要空港のANAのカウンターの場所は、羽田空港であれば第2ターミナルの2階、伊丹空港は南ターミナル1階、千歳空港は国内線ターミナルの2階、福岡空港は国内線ターミナルの1階、沖縄那覇空港は国内線ターミナルの3階にあります。

座席の指定について

ANAでは、予約や購入の際などに座席を指定することが可能です。予約した運賃によって指定できる座席に多少違いがありますが、早めに予約や購入を行った方が窓側や通路側、前方や後方など、好みの座席を指定できる可能性が高くなります。また、事前に指定ができる座席の数には、機体のバランスを保つなどの理由から制限が設けられています。もし事前に座席指定ができる場所がない場合や、好みの席が空いてなかった場合は、当日早めに空港へ向かい、座席指定や座席変更の手続きを行うと良いでしょう。

手荷物のサイズ・重量について

機内に持ち込める手荷物
機内に持ち込める手荷物
受託手荷物(空港のカウンターで預けるお荷物)
受託手荷物

ANAの飛行機に手荷物を持ち込んだり、預けたりするときには規定の条件があるため、大きな荷物がある、荷物が多いといった場合などには、事前に確認をしましょう。機内持ち込みの手荷物については原則1人あたり10キロまでで、バッグなどの手回り品と、次の条件に当てはまる荷物1個までとなっています。ボーイング777や787など100席以上の座席を保有する大きな飛行機であれば、荷物の幅や奥行き、高さといった3つの辺の長さがそれぞれ55センチ、40センチ、25センチ以内におさまり、かつ3辺の合計が115センチ以内になることが条件です。CRJなど100席未満の飛行機については、3辺がそれぞれ45センチ、35センチ、20センチ以内で、かつ3辺の合計が100センチ以内におさまる必要があります。なかにはスポーツ用品のスプレー缶や、安全カバーのついていないガス式のヘアアイロンなど、安全上の理由から持ち込むことが禁止されているものもあるため注意が必要です。預ける荷物については、無料で預けることができる1人あたりの重量の制限が搭乗するクラスによって異なり、普通席を利用する場合は20キロまで、プレミアムクラスを利用する場合は40キロまで無料で、無料の範囲を超える場合は、重量超過手荷物料金を支払うことで搭乗クラスに関わらず、1人あたり100キロまで預けることができます。ただし、1個あたりの重さが32キロを超える荷物は預けることはできません。重量超過手荷物料金は、ほとんどの路線で同じで1キロから10キロまで超過している場合は2,500円、10キロから20キロまで超過した場合は3,500円となっています。預ける手荷物の大きさは幅や高さ、奥行きといった3つの辺の合計が203センチ以内におさまることが条件ですが、貨物室に空きがある場合に限り、スキー板やサーフボードなどの大きめの荷物を預かってもらうことも可能です。預かることができる大きさの目安として、ボーイング777は400センチまで、ボーイング787は250センチまでとなっています。手荷物の預け方は簡単で、荷物を持って手荷物カウンターに行くだけです。手続きが済んだら、『手荷物引き換え証』を渡されるので、到着空港で荷物を受け取るまでなくさないよう保管しましょう。

予約の変更・キャンセル・払い戻し

予約の変更について

ANAの航空券には予約変更が可能なものと、変更ができないものがあります。予約変更ができるのは普通運賃や往復割引、小児運賃、ANAカード会員のみが利用できるビジネスきっぷなどで、購入日から90日以内であれば何度でも日にちや時間を変更することが可能です。一方で、旅割や特割といったお得なタイプの運賃は変更をすることができません。予約した便と違う便への搭乗を希望する場合は、一旦予約を取り消し、新規に予約と購入をする必要があります。取り消しは航空券購入前であれば手数料はかかりませんが、購入後であれば手数料がかかり、手数料には払い戻し手数料と取り消し手数料の2種類があります。払い戻し手数料は全ての航空券の払い戻しに必要で、1枚もしくは1組あたり430円かかります。取り消し手数料は予約変更ができない運賃にかかる場合がほとんどで、航空券の路線や取り消しをした日によって料金が異なることが特徴です。しかし、いずれの航空券も便が出発した後に取り消しをすると、取り消し手数料が増額したり、取り消し手数料がない運賃でも取り消し手数料が発生したりするため、必ず便出発前までに取り消しの連絡を行いましょう。また、払い戻しの手続きは、航空券を購入した場所で行わなければいけないことが原則です。クレジットカードで購入した場合はクレジットカードの口座へ、現金で購入した場合は現金で払い戻し、もしくは銀行口座などへの振り込みとなっています。悪天候や機材整備などが理由で欠航や遅延が生じてしまった場合は、航空券の変更や払い戻しのルールが異なります。旅割や特割などの変更ができない運賃であっても、もともとの搭乗日から30日以内であれば日にちや時間の変更ができるようになりますし、払い戻しについても手数料が免除され全額返金されます。

コンタクト

ご不明な点がございましたら、下記のお電話番号までお問い合わせください。

0570-077-322
【月~金】9:00~19:00
【土日祝】10:00~19:00

各種サービスお客様サポート

小さなお子様のご利用について

小さなお子様のご利用について
3歳から11歳までの小さな子どもがANAに搭乗する場合、予約変更する可能性があれば普通運賃の約半額になる小児運賃、変更がないときは大人と同様の金額となりますが、旅割などの割引運賃を利用することができます。また、旅割などの割引を予約したとき、小児運賃の方が安い場合には小児運賃が自動で適用されるシステムとなっています。5歳までは必ず12歳以上の保護者の同伴が必要です。6歳以上であれば『ANAジュニアパイロット』を利用することで、1人での搭乗が可能となります。『ANAジュニアパイロット』とは、出発空港から到着空港まで小さな子どものサポートを行ってくれるサービスのことで、ANAの予約センターやホームページで申し込みができます。必ず申し込みが必要であるのは6歳と7歳のみで、8歳以上であれば大人の乗客同様に搭乗することも可能です。当日出発空港では子ども1人につき1人まで付き添いをすることができ、保安検査場を一緒に通過し、搭乗ゲートまで見送ることができます。

幼児運賃と予約方法

幼児運賃と予約方法
赤ちゃんは生後8日以上から搭乗することができ、2歳までであれば大人の膝に抱っこして搭乗することで運賃が無料となります。座席の使用を希望する場合は、小児同様の運賃が必要です。また、0歳と1歳は離着陸時に必ず大人が抱っこする必要がありますが、もし抱っこができない場合はチャイルドシートを使用する必要があります。ただし、ANAではチャイルドシートの貸出は行っていないため、国土交通省承認のものなどを自分自身で持ち込みをしなければなりません。予約はできませんが、空港にはベビーカー貸し出しのサービスがあります。

妊娠中のご利用について

妊娠中のご利用について
ANAには、妊娠している女性の搭乗をサポートするサービスがあります。羽田空港限定となりますが、長距離の歩行が困難な場合、電動カートを貸し出してくれますし、全ての空港において機内への搭乗を優先的に案内してくれます。出産予定日より29日前までの搭乗であれば必要な書類等はありませんが、予定日より28日以内の搭乗であれば医師の診断書の提示が必要です。また、予定日より7日以内の搭乗となる場合は、診断書の提示に加え、医師の同伴も必要となります。

ご搭乗にお手伝いが必要なお客様のご利用について

ご搭乗にお手伝いが必要なお客様のご利用について

ANAでは、目や耳、身体などが不自由、病気や怪我により車椅子が必要といった場合でも、快適に飛行機を利用できるようサポートするサービスを用意しています。『ANAおからだの不自由な方の相談デスク』という相談デスクは、身体が不自由な人の専用ダイアルとなっており、搭乗についての相談にのったり、サポートの手配など行ったりしてくれます。相談デスクの営業時間は9時から17時までですが、年中無休で営業しているため利用しやすいでしょう。歩行が困難な場合には車椅子を手配してくれますし、搭乗時に座位を保つことが難しい場合にはストレッチャーやアシストシートなどを手配してくれます。体調や医療機器の使用状況に応じて、搭乗時に医師の診断書の手配を求められる場合もありますが、糖尿病のためにインシュリン注射などを機内に持ち込む場合やペースメーカなどを装着している場合は、診断書は不要です。しかし、保安検査場をスムーズに通過したい場合は、糖尿病患者用IDカードなどの証明書などを用意した方が良いでしょう。また、特に病気などではなくても、高齢のため搭乗に不安があるというときにもANAはサポートを行ってくれます。希望であれば車椅子を手配してくれますし、機内への搭乗も優先的に案内をしてくれます。出発空港では高齢者1人につき1人まで、保安検査場を一緒に通過して搭乗口まで付添いをすることも可能です。到着空港では出迎え人が待つ場所や、交通機関の乗り場といった所まで係員が案内をしてくれるため安心でしょう。

ペットのお預けについて

ペットのお預けについて
ペットと一緒に飛行機を利用したい場合、
ANAでは予約センターやホームページで予約を受け付けてくれます。ホームページから予約することができるのは、小鳥やうさぎ、ハムスター、猫、犬のみとなり、ケージのサイズがS、M、Lであることが条件です。LLサイズのケージを利用したい場合は、予約センターへの連絡が必要となります。S、M、Lサイズのケージを利用する場合、自分で持参することも可能ですし、数に限りはありますがANAで貸し出しも行っています。また、ボクサーやシーズー、ブルドッグなどの短頭種犬は犬の体調に支障が出やすいといった理由から、飛行機に乗せることができません。ペット料金は、ケージの貸し出しに関わらず、一部の短距離路線を除いて全国一律6,000円となっています。出発当日の手続きは手荷物カウンターで行っており、同意書などにサインが必要です。カブトムシなどの昆虫や金魚などは、ほかの乗客に見えないようにするなどの条件を満たしていれば、機内に持ち込むことができます。

ANAの国内線の空港・機内サービス

ANAの国内線の空港・機内サービス
お食事とお飲み物
ANAの国内線の搭乗クラスには『普通席』と『プレミアムクラス』の2種類があり、普通席のドリンクサービスではコーヒーやジュース、お茶、ANAオリジナルのスープなどが提供されています。有料にはなりますが、希望であればアルコールやおつまみを購入することも可能です。プレミアムクラスではこれらの飲み物に加え、ワインや日本酒、シャンパンなどが無料で提供されますし、ジュースやスープ類も豊富に取り揃えられています。プレミアムクラスのみですが、機内食の提供もあって名店の味などを楽しむことができます。機内サービスには機内誌やオーディオサービス、また全ての飛行機ではありませんがWi-Fiのサービスが用意されており、普通席でもプレミアムクラスでも利用することが可能です。
ANAの国内線の空港・機内サービス
Wi-Fiサービス・機内エンターテイメント
Wi-Fiサービスには有料と無料の2種類があり、SNSやネットに接続する場合は有料で、40分間利用できる550円のコースと、離陸5分後から着陸5分前まで利用できる1,050円のコースがあります。無料のサービスにはビデオ番組や電子書籍を見たり、音楽が聴けたりするサービスがあり、有料と無料のサービスともに、利用するためにはANAのモバイルアプリをスマートフォンやタブレットなどにダウンロードしなければなりません。空港においては、ラウンジサービスがあり、ANAをよく利用する『ダイアモンドサービス』などのメンバーや、プレミアムクラスの利用者であれば無料で利用できますが、これらに該当しない場合は羽田空港のラウンジのみ、1回あたり3,100円で利用できます。

ANA運航路線一覧

ANA(全日空)国内線|運行路

ANAに関する新着記事